内科 透析 仙台市 青葉区  腎臓 高血圧

川平内科 内科 透析 仙台市 青葉区  メタボ 高血圧
設備
人工透析装置(コンソール)
人工透析を行うには、透析患者毎に設置されているコンピューター制御の「コンソール」と呼ばれる透析装置が必要です。 この透析装置は、血液を体外に導き出し、その心臓部と言うべきプラスチック円筒状のダイアライザー(透析器)の中に血液を血液ポンプで一定の速度を保って送り、血液中の老廃物(尿毒素)の排泄、血液中のナトリウム・カルシウム・カリウムといった電解質と酸性・アルカリ性のバランス維持、そして余分な水分の除去を行います。
胸腹部レントゲン
胸・腹部のレントゲン撮影を行います。
心電図
検診などでおこなわれている心電図検査です。
不整脈など心臓の異常を診断します。
ホルター心電図
24時間心電図です。
小型の録音機を装着し、
自宅での普段どおりの生活をしてもらい
24時間(1日)の心電図を記録し、より精密に
不整脈などを診断します。
腹部、頚部超音波(エコー)
肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓・子宮・膀胱・前立腺など、さまざまな腹部疾患を診断できます。
頸動脈の動脈硬化度を判定し、脳梗塞のリスク評価にも用います。
動脈硬化測定(PWV検査)
「血管の硬さ」と「血のめぐりの良さ」を測り、
動脈硬化度を診断します。
血管の老化が年相応かどうかわかります。
干渉波治療器
神経の働きを調整し、体の不調を和らげるのがこの干渉波療法(低周波)です。手足の神経を刺激し、マヒ等に効果があるとともに、筋肉をマッサージしてコリなどを和らげ血行を促進する効果もあります。電子のリズムが筋肉や神経にやさしく作用「コリ・マヒ」「痛み」に効果を発揮します。